アラフォーの勘違いとは?アラフォー女性の婚活 傾向と対策

婚活して結婚


30代後半で結婚を真剣に考え始めるという人も少なくありません。
結婚相手を探すのに遅すぎるということはありませんが、20代と同じ意識で行っていてはうまくいきません。

30代後半で幸せな結婚をするためにはどうしたらよいでしょうか。

結婚への決意が足りない?

これまで1人でバリバリやってきたあなたの場合、仕事も順調、生活も問題なし、適当に男性とお付き合いもあったりして、気がついたら独身のままアラフォーに・・・なんて場合。

何もかもそこそこ順調であるからこそ、「結婚」への意識が低いのかもしれません。

ふと独りは寂しいな、と思っても、仕事で気がまぎれてしまったり、また周囲の人も結婚に興味ないんだろうななんて思われてしまっていたり。

アラフォーだけど幸せな結婚をしたいと思ったら、まずはその気持ちに素直になりましょう。
そして、その気持ちをまわりに打ち明けるべきです。

アラフォーになるとアラフォー未婚男性も少なくなっていますので、控えめにしていたらますますパイが減ります。
黙っていてはいい人は目の前に現れませんよ!

まずは結婚への欲求を表に出して行動する。 これが第1歩になります。

長い春を待っていてもダメ?

長く付き合っているのに未だに結婚を切り出さない彼がいる場合。
そのうち結婚できるよね・・・?と勝手な思い込みで長い春を待ちわびていませんか?

普通であれば、30代の女性とある程度の期間付き合ったとしたら、「結婚」を意識するのは当然のこと。
それなのに「結婚」を言い出さないということは・・・

  1. とりあえず結婚する気がない
  2. 結婚するにしても相手はあなたではないと思っている
  3. あなたと結婚したいが断られるのが怖くて言い出せないでいる

のどれか。

いずれにしても、あなたからそれとなく聞いてみればすぐに分かること。

特に1,2 の場合は最悪です。
結婚する気のない男といつまでも一緒にいたとしても幸せはやってきません。

長年付き合った恋人ですから、情も移っているかもしれませんが、もしあなたに結婚願望があるのであれば即刻別れを切り出して、新しい1歩を踏み出しましょう。

アラフォーに合コンや婚活パーティーは×

これはアラサーのところでも説明しましたが、アラフォーの婚活として合コンや婚活パーティーはイマイチな結果となる場合が多いです。

もちろん、年齢や参加対象をしっかり見極めたうえでの参加であればよいかもしれませんが、みんなでワイワイといった雰囲気で結婚相手を見つけるのは厳しいでしょう。

条件を出しすぎて門を狭めない

せっかくの結婚。
できるだけ良い人と出会いたい気持ちは分かります。

しかし、仕事、年収、学歴、年齢、身長、体格、家族構成・・・といくつも条件を並べてしまっていませんか?

これらは、あくまで「肩書き」の1つであり、そこに「当てはまる人=素敵な人」ではないですよね。

出会いもしないうちに条件だけで選り好みしていては、素敵な出会いを逃してしまいます。
最低限譲れないところだけ抑えて、それ以外は実際のお相手を見てから考えてみませんか?

若く見える=若い、ではない

キャリアウーマンとして独りでやってきた場合、美容やファッションにも気を使い、同年代の専業主婦の友達から比べると、ずっと若くみえることが自慢に思っていませんか?

でも、残念ながら「若く見える」あなたでも実際に「若い」わけではありません。

もし同じ条件なら、あなたより年齢の若い女性の方が選ばれてしまいます。

「若く見える」ことは同じ年代の中では素敵ですが、今や婚活は20代、30代前半の人も多く参加しています。
若く見えるだけでは武器にはなりません。

アラフォー女性の魅力は、ある程度の経済力やマナー、人生経験の豊富さではないでしょうか。

30代後半になると、しみじみと自分を見つめ直す機会はあまりないように思います。
この機会に今一度自分の魅力を分析し直してみてはいかがでしょうか。


まずは、今のあなたの婚活・結婚チャンスを調べてみませんか?

結婚チャンステスト 結婚EQテスト
 

※それぞれo-net、パートナーエージェントより結果は郵送されますが、封筒に社名などは入りません。また入会申し込みでもございませんのでお気軽にどうぞ。




アラフォーの婚活。アラフォー(35歳以降)が勘違いするのが「若く見えるから大丈夫」アラフォーは若く見えても若くないのです。