こんな自己PR(プロフィール)では結婚できない!?自己PRの書き方

ここでは婚活サイト・結婚相談所に登録すると必ず書かねばならない、自己PR・プロフィール・メッセージの書き方について説明します。


さあ婚活を始めるぞ!と結婚相談所を利用することが決まったら、お相手を探す前にあなた自身の事を登録しないといけません。

そう、プロフィール(自己PR)を登録して、あなたはどんな人なのかの自己紹介をすることから始まります。

お見合いでいえば、お相手に送る履歴書と同じ。
ネットでの婚活サイトに登録する自己PRとはいえ正直に、そしてあなたに興味を抱かせるようにまとめましょう。

自己PR(プロフィール)は相手の気持ちになって書く

結婚相談所などでは、まずは年齢や居住地などでざっくり検索をした上で、順番に写真やプロフィールを見ていきます。
つまり、自己PRは出会う前のあなたの「第一印象」となるわけです。

自己PR(プロフィール)のポイントをまとめると次のようになります。

  • あまり長文にせず、適度な長さに(箇条書きはNG)
  • わかりやすく、読みやすく
  • 簡潔すぎないように
  • 優しい言葉遣いと柔らかめの文体で
  • 手書きの場合、ていねいに、少し間隔をあけて読みやすく

あまりに短い内容では興味すら持たれないでしょうし、長文過ぎてもうんざりしてしまいます。

また自己PRは仕事の報告書とは違います。
箇条書きであったり、である調で書かずに、お相手に送る手紙のような気持ちでまとめましょう。

自己PR(プロフィール)であなたの人柄がわかるように書く

お相手はあなたの事を知りたくて自己PR(プロフィール)を見ます。

仕事はどのようなことをしているのか?
いつもどんな感じで過ごしているのか?
休日は何をして過ごしているのか? 
趣味や特技は?

といったことをまとめていくと良いでしょう。

例えば、職業であれば「会社員」とだけ書かれていても何のイメージもわきません。
また無職の場合「家事手伝い」だと「自分のやりたいことがない?」「自立できていない?」とマイナスイメージとなることも。

会社勤めであれば、どういうことに興味があって、いつもどんなことを頑張っているのか、家事手伝いであれば「今●●の勉強中です」といったようにアクティブに書きましょう。

写真や他のデータで分かりにくいことがあれば、それらの内容も添えましょう。

例えばどんな体型なのか(痩せ型?ぽっちゃり型?)、身長やその他アピールできる内容(料理好き・話題が豊富など)を添えていきましょう。

相手への要望は控えめに

もちろん、結婚相手探しですから、あなたもお相手に言いたい事はたくさんあるかもしれません。

でも、もし自己PRが相手への希望ばかりだと、それを見た方は「自己PRじゃなくて勝手な要望ばかりじゃないか」と思われてしまいます。

希望する結婚生活のスタイルがまずあって、そのためにはこういう人がいいです、と必ず根拠があってお相手の希望が出てくるはずです。

意味もなく、身長が●cmで、体型がこうで、年収が・・・職業が・・・学歴が・・・同居は・・・とまくし立ててはいけませんよ。

実際によくある困った自己PR(プロフィール)

ここまで読まれたあなたは、自己PRの重要性がお分かり頂いているかと思いますが、
いざメッセージを登録する段階になるとあわててしまい、残念な自己PRが登録されているケースがあります。

次のものは実際にあった、残念な困った自己PRです。

次のように一言だけ登録されているのをよく見ます(^ ^;)

  • 「口下手ですが、ヨロシク」・・・文章も下手ですね・・・?
  • 「誰でもOK!どんどんメッセージください」・・・誰でもいいんですか?
  • 「家事手伝いしてます」・・・他にやることないんですか?
  • 「とりあえず会ってお話しましょう!」・・・いや、で、あなたはどんな人よ?
  • 「特になし」・・・えっと・・・どうしましょう?

自己PRやメッセージはそれを見た人がどう思うかを考えて登録しましょうね。




自己PR(プロフィール)の書き方。婚活・結婚相談所に登録するとまずは自己PR(プロフィール)をまとめなくてはいけません。